秘書として働くなら!知っておいた方が良い知識


秘書って何?その仕事内容とは

秘書とは、企業の重役や政治家などの右腕となり、業務が円滑に行えるようにサポートをする仕事です。日々のスケジュール管理をしたり、商談に使う文書を作成するような裏方の業務や、来客対応をしたり会議に代理で出席するなど、表立った仕事まであります。また、取引先に同行したり、不在中の業務を一任される時もあり、責任が重い職種でもあります。会社全般の知識はもちろん、取引先の人脈や、接待に相応しいお店の情報など、さまざまな知識が必要です。

それに、周囲の状況に応じて機転を利かせるなどの配慮も不可欠で、非常に気を使う仕事です。そのため、事務処理、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの幅広いスキルを、自然に身に付けることができます。誰かを補佐することにやりがいを感じる方や、仕事を通じてスキルアップしたい方におすすめの職業だと言えるでしょう。

秘書で働くなら派遣がおすすめ!

秘書として派遣社員で働くことには、いくつかメリットがあります。まず、未経験の方や他の職種からの転職の場合、正社員の秘書の求人は少ないのが現状です。しかし、派遣社員の募集は比較的多いので、自分に合った条件の求人も探しやすいのです。それに、秘書の経験を積んでスキルを磨くことで、キャリア採用としての正社員を目指すこともできます。

また、結婚後の家事の両立や、育児をしながら勤務をする場合、派遣の方が融通が利きやすいことも挙げられます。あらかじめ、派遣会社に勤務スタイルの希望を伝えることで、希望に沿った会社を紹介してもらえますし、場合によっては、エージェントが会社の上司に交渉してくれることもあります。そのため、残業なしや時短勤務など、ライフスタイルに合わせた働き方を実現することも可能なのです。派遣社員として働くことは、キャリアを積みたい方にとっても、家庭と両立させたい方にとっても、理に適った働き方なのです。

あると便利な資格や知識

秘書になるために、必須のスキルはありません。しかし、もし未経験から目指すのであれば、あらかじめ身に付けておいた方が便利な資格があります。まずは秘書技能検定です。人に良い印象を与えるための振る舞いや、言葉遣いについて学べるので、秘書としてコミュニケーションを取る上で為になる内容です。さらに、ビジネス実務マナー検定では、仕事に対する姿勢やマナーが学べるので、社会人経験が浅い方は覚えておきたい知識です。また、勤務先が外資系企業の場合は、英会話などの知識もあると便利です。職場や取引先にも外国人がいる可能性が高いので、身に付けておくことで、落ち着いて対応することができます。

秘書の派遣の仕事を探すには、まずは派遣会社に登録をします。秘書検定やTOEICなどの資格がある場合は有利になるのでアピールしましょう。